障害年金は重要な社会保障制度である!

障害年金を受給する対象者になるためには、次の「受給要件」を満たさなければなりません。

要件は下の3つです。

初診日の要件

保険料納付要件

請求時に一定の障害状態に該当すること

障害認定日という裁定請求時に①から③をすべて満たせば、原則として支給対象となります。

年金手帳

③の「障害状態に該当する」は、主にその方の日常の生活状態での判断となります。

日常生活を送る中で、病気や怪我による傷病が原因で日常的に支障が出ている場合や、仕事の継続にも支障がある場合、障害年金は大きな支えとなります。

また、働いている場合でも、要件に該当すれば受給可能性があります。

具体的にはうつ病、糖尿病、人口透析などの方です。そういったことから、柔軟な制度といえると思います。

以上のような病気や怪我に見舞われるリスクは、20代、30代の若い方にも存在します。そういった意味でも、障害年金制度はすべての年代の国民全員にとって、非常に身近な社会保障制度と言えます。

年金とお金

ひらかたSRネットワーク  Copyright(c)2023- All Right Reserved.

logo_futter

#キーワード

Blog
人々の安心をサポートする地元の社会保険労務士グループ〜ひらかたSRネットワーク